規約・内規

サーラ懐友会規約

第1条
  本会は「サーラ懐友会」という。
2. 本会は、愛知部会と静岡部会をもって構成する。
3. 本会には会長をおく。会長の任期は2年とし愛知部会、静岡部会の部会長が交互に就任する。
第2条
  本会は、サーラグループ各社に対する事業の支援、情報の提供並びに会員相互の親睦を図ることを目的とする。
第3条
  本会は、サーラグループ各社の定年退職者及びこれに準ずる者をもって会員とする。
第4条
  本会の運営に要する経費(総会費他)は次により支弁する。
(1)会員の総会会費
(2)サーラグループ各社からの寄付金
(3)資産から生ずる利息
(4)その他寄付金
2. 会計年度は毎年7月1日より翌年の6月30日迄とする。
第5条
  本会は毎年1回総会を開き、会計報告を行う。必要に応じ臨時に会合を開くことがある。
第6条
  各部会に評議員7名をおく。
2. 評議員の中から評議員の互選により部会長1名、副部会長2名、幹事1名を選出する。
3. 評議員及び部会長、副部会長、幹事の任期は2年とし留任を妨げない。
4. サーラグループ各社役員を本会顧問に推戴することができる。
5. サーラグループ各社から在職者2名を幹事に就任させ会務を補佐させることができる。
第7条
  会長は本会全体に係わる事務を処理する。
2. 評議員は会員相互の連絡を密にする事に努め、部会長、副部会長、幹事は部会事務を処理する。
第8条
  本会の規約及び規約内規の変更は総会において議決する。


サーラ懐友会規約内規

第1条
  規約第3条の「サーラグループ各社の定年退職者及びこれに準ずる者」とは次のとおりとする。
(1)定年(選択定年を含む)退職をした者
(2)再雇用後に退職した者
(3)役員(顧問、相談役等を含む)を退任した者
(4)勤続10年以上で入会を希望する者
(5)上記(1)〜(4)のほか、役員会が入会を認めた者
2. 前項各号は有期契約社員には適用しない
第2条
  入会の日は、前条各号の効力が発生する日のうち、最後の日の翌日とする。
第3条
  規約第4条の慶弔は、次のとおりとする。
(1)葬儀香料  10,000円
(2)花輪    実費
(3)その他、必要に応じて会長が決裁して支出することが出来る。